2022.06.01

デコボコベース 新経営体制に関するお知らせ

デコボコベース株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:上岳史)は、2022年6月1日より経営体制を変更いたします。

新経営体制移行の理由

デコボコベースは、2014年に代表取締役社長である上岳史が創業。障害児通所支援事業にはじまり、児童から就労まで発達障害者支援を中心に4ブランド、フランチャイズを基盤に全国200拠点を超えるまでになりました。創業8期目を迎え、現在は障害福祉サービス事業に加え、凸凹ガイド等のテクノロジー事業も含めた福祉×ITのソーシャルカンパニーへと領域を拡大しています。

当社の持続的成長と更なる発展に向け、環境変化による新たな課題に迅速かつ柔軟に対応するため、執行役員制度を新たに導入し、経営層の若返りと次世代への権限移譲の促進により一層の体制強化を図ることにいたしました。

新役員体制(2022年6月1日付)

代表取締役社長CEO上 岳史
取締役副社長COO松井 清貴
取締役上 利年
監査役渡邉 守
執行役員牛島 奈応子
執行役員二瓶 弘慈
執行役員北川 庄治
執行役員平澤 克教
執行役員山内 靖之
執行役員北岡 慧太

新就任執行役員よりご挨拶

執行役員  北川 庄治(公認心理師)

デコボコベースにおける支援の最高品質責任者をしております、北川と申します。入社以来、企画部において、チェーン全体の支援の責任者として、プログラム・研修開発や、パートナー事業所様の運営指導に携わってまいりました。新役員の中では、障害者支援事業を行う上で専門性を担保する役目を担い、教育の研究の場、また実践の場での長年の経験を活かし、ソーシャルフランチャイズとしての事業を全国に広め、同じビジョンで社会課題の解決に挑んでくださるパートナー様を真摯にサポートしてまいります。

執行役員  平澤 克教

新規業態開発を担当する平澤と申します。前職は飲食業界で長く「業態企画・開発」に携わってまいりました。国内及び海外にて、戦略立案から現場実務に至るまで経験しております。現在は「ディーエンカレッジ」「ディーキャリアワーク」のリリースに向けて準備中です。業態を開発するとは「一貫した物語を描ききること」と捉えております。時代の変化に対応できるよう、常に現場目線とカスタマーサクセスを大切に、凸凹が活きる物語を新業態に乗せてお届けできるように粘り強く邁進してまいります。

執行役員  山内 靖之

IT領域の新規事業立ち上げを担当する山内と申します。大学卒業以来、一貫して教育業界に身を置き、様々な新規事業の企画/推進に携わってまいりました。現在は、 凸凹ガイド(障害児通所支援サービスの施設検索サイト)の事業推進を中心に、他の新規事業の企画立案等も行っています。IT技術はリアルな場所を必要としないからこそ、日本中の障害当事者やそのご家族、支援者の皆様の困りごとを解決できる可能性があります。そうした未来の可能性を通じて「凸凹が活きる社会を創る。」という壮大なビジョン実現に向けて尽力してまいります。

執行役員  北岡 慧太

管理部門を担当する北岡と申します。大学卒業後、会計事務所で会計・税務業務を経験したのちに上場企業の経理部を経て、前職では事業会社の財務経理部の部門長に着任。同社の東証マザーズ上場手続き推進の担当者として、財務経理に加え、労務・企業法務・証券会社や取引所等の対応実務に携わってまいりました。自身の親族に障害当事者がいることもあり、当社のビジョンに非常に共感致しております。一人でも多くの凸凹に悩む方が活躍できる社会に近づけるよう、バックオフィスから当社事業を支えていけるように努めてまいります。

【デコボコベース株式会社について】

  • 社 名:デコボコベース株式会社
  • 代表者:代表取締役 上 岳史
  • 設 立:2014年7月
  • 所在地:東京都港区芝浦4-12-31 VORT芝浦Water Front 6階
  • 事業内容:
    • 児童発達支援「ハッピーテラスキッズ」
    • 放課後等デイサービス「ハッピーテラス」
    • 就労移行支援事業「ディーキャリア」「ディーキャリアITエキスパート」「ディーキャリアワーク」
    • 自立訓練(生活訓練)「ディーエンカレッジ」の運営
    • また運用に伴う発達障害の特性に応じたプログラム提供
  • ウェブサイト:https://www.decoboco-base.com
  • 加盟検討企業様向けページ:https://partner.dd-career.com/
  • FC加盟店に関するお問い合わせ:fcsupport@decoboco-base.com (運営本部 企画部)